オリジナルの NATURLEN 被覆材のポーランドの技術は、ポーランドの伝統的な亜麻の使い方と弊社チームの経験を統合した結果です。弊社は長年の研究と開発ののち、欧州連合から資金サポートを受けて技術系系スタートアップとして設立されました。ポーランド北東部にある環境保護のオアシスであるマズリア地方の中心にて、研究、商品開発そして製造をすべて担っております。

NATURLEN 被覆材の製造プロセスの中心は純粋かつ自然の繊維である基本のダブルジャージー織りの亜麻糸です。この方法で編まれた生地は柔らかくフレキシブルです。このプロセスによって包帯や圧定布の素材が出来上がります。 シンプルなプロセスと蒸気での殺菌のおかげで亜麻繊維の自然な特色を損なうことがありません。弊社では遺伝子組み換えをした糸は使用しておりません。NATURLEN医療包帯を支えている目的は他社産の標準的な綿やビスコース製の包帯の代わりに現代的かつシンプルで自然なポーランド産製品をお届けしたいということです。

NATURLEN 被覆材は漂白済み、自然色、そして着色料を使用していない肌色でお求め頂けます。

NATURLEN 被覆材は蒸気で殺菌しています。また殺菌用の製品も販売しております。 弊社の製品はポーランド、イギリスそしてスカンジナビアの健康管理機関、介護施設、また小売店でテストされています。

NATURLEN は常に製品ラインを拡大しています。どの商品においても、自然、純度、イノベーションそしてポーランドの最高の伝統の亜麻を保証いたします。